業務案内 | 住宅塗装のことなら外壁塗装専門業者「カラーアート」」にお任せください。

業務案内

外壁塗装について

一般住宅

大切なお住まいで長く快適に暮らしていける家づくり

お住まいの顔ともいえる外壁の良し悪しは見た目の印象を大きく左右します。
外壁は雨、風、雪、台風による暴風、さらには紫外線などに日々さらされています。すると、徐々に劣化が進んでいき、表面の塗装が傷んでカスレやひび割れだけでなく、木部が腐ることによって雨もりの原因を作ってしまうこともあります。
被害が大きくなってしまう前に定期的にメンテナンスを行うことをおススメします。適切な外壁塗装を行い、雨もり対策として防水・シーリング工事を行うことで、お住まいの寿命を延ばす以外に資産価値を高める効果もあります。
大切なお住まいを長く快適にご利用いただくために、最適なプランをご提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

アパート小規模マンション

20年・30年先を見越したメンテナンスで変わります

一般の住居以上に見た目が影響するのがアパートやマンションなどの外壁です。
入居する場所を選ぶ際に見た目の綺麗さは高いポイントとなります。
新築時から定期的なメンテナンス計画を立て、それを実行していくことで20年・30年経過した時にメンテナンスをおろそかにしていた物件との差は大きなものとなっています。
建物の劣化防止と美観維持をする事で資産価値も上がってきます。
オーナー様のご要望やご予算に応じて最適なご提案をさせていただきます。

工法について

吹付け工法
砂状模様(リシン)やスタッコ模様、ボンタイル模様などの演出をする場合に
エアガンで塗料を飛ばす工法です。
塗料の飛散が問題になるため、新たに模様を付ける時に使われることが多いようです。
ローラー工法
リフォームの外壁塗装に使われることが多く、ローラーで塗料を塗る工法です。
新築時の模様を活かすもので、吹付け塗装のような多彩な模様を作ることはできません。
塗料の飛散の問題が無い為、リフォームの工事の時に多く使われます。
特殊工法
コテや特殊ローラー、刷毛、吹付け、目地、などを使って特殊な壁を演出する工法です。
輸入住宅やマンションのエントランス部分などに多く使われます。

施工の流れ

STEP1. 足場架設

施工をするための足場を組んでいきます。
塗装工事の場合は周辺に塗料が飛散しますので、防止ネットも設置します。

STEP2. 高圧洗浄

塗装工事を行う際に大切な作業のひとつです。
建物にこびりついたコケ・カビなど汚れ、ほこりを高圧洗浄機で洗い流します。

STEP3. 下地処理・養生

旧塗膜の傷んでいる部分を除去し、素地面の凹凸や亀裂、欠損、細かく空いたピンホールなどを埋めて整えた後、窓やサッシ、ドアなどの塗装面以外に養生テープ貼っていきます。

STEP4. 塗装

外壁塗装の基本は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りです。
ただし塗る回数は物件の状況により変わります。

STEP5. 足場撤去

施工が完了したら、足場を撤去して、周辺をきれいに掃除して業務完了です。
後日、打ち合わせさせていただいたお日にちにお引き渡しとなります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

 ご相談・見積依頼はこちら